鍋、焼き鳥、揚げ物はオーダーしても大丈夫?

鍋、焼き鳥、揚げ物はオーダーしても大丈夫?

居酒屋メニューで最も困るのは、みんなと一緒の料理を食べなければいけないことですよね。
みんなで食べる居酒屋メニューで太らないように気をつけるにはどうしたらいいのでしょうか。
 

 

寒い時期には鍋料理は居酒屋メニューに欠かせません。
みんなで囲む鍋は楽しいものです。
太りたくないからといって、こんな時に別メニューというわけにもいかないでしょう。

 

そんな時は、食べ方に工夫するとよいでしょう。
鍋料理を取り分ける時には、糖質が少ない肉類や魚類を中心にお椀に取ると糖質摂取量の心配なく鍋料理を楽しむことができますね。
居酒屋メニューの定番、焼き鳥はどうでしょうか?

 

基本的に肉類は糖質が少ないので心配なく食べてもらってOKですね。
焼き鳥の部位にこだわる必要もありません。
腿肉、胸肉、ナンコツやレバーなど、糖質摂取量からみれば何を食べても問題ありません。
ただ、焼き鳥で注意したいのは、焼き鳥そのものではなく、焼き鳥の「タレ」なのです。
焼き鳥の「タレ」には糖質が多く含まれているのです。
居酒屋で焼き鳥をオーダーするときには、「タレ」か「塩」か、聞かれた時は絶対に「塩」でオーダーしてください。

 

他の方がオーダーした焼き鳥でも、それが「タレ」だったら太らないためには避けたほうがよいでしょうね。
エビフライやトンカツなどの揚げ物ものは基本的にはOKです。

 

ただし、揚げ物の衣には小麦粉がたくさん使われておりますので注意が必要です。
糖質摂取量を抑えるためには、衣の厚いものは食べないようにして、衣は避けるなどして、衣はなるべく食べないほうがよいでしょう。

鍋、焼き鳥、揚げ物はオーダーしても大丈夫?関連ページ

糖質に気をつけて太らない居酒屋メニューを選んでみる。
糖質に気をつけて太らない居酒屋メニューを選んでみる。
お刺身、寿司、餃子、唐揚げなどは太らない?
お刺身、寿司、餃子、唐揚げなどは太らない?
ソーセージ・乾き物・おでんは食べても問題なし?は太らない?
ソーセージ・乾き物・おでんは食べても問題なし?は太らない?
キムチやデザート、締めのごはんの糖質は大丈夫?
キムチやデザート、締めのごはんの糖質は大丈夫?