お刺身、寿司、餃子、唐揚げなどは太らない?

お刺身、寿司、餃子、唐揚げなどは太らない?

日本酒呑みには欠かせない居酒屋メニューがお刺身です。
迷った時には、お刺身をオーダーしてしまうという方も多いですね。
そんなお刺身に糖質がたくさん含まれていたら大変です。

 

知らず知らずのうちに糖質を摂り過ぎていたということになってしまいますが、お刺身に気にせず食べてしまったOK.
トロや赤身、いくら、タコやイカなど何を食べても糖質摂取量からいえば問題ありません。
ただし、注意していただきたいのは、にぎり寿司です。

 

締めににぎり寿司を食べてしまうのは危険です。
お刺身だけなら問題ないのですが、ごはんも食べてしまうのは避けたいところです。
そうはいっても、にぎり寿司でシャリを残すという食べ方はできません。太らないためには、にぎり寿司があっても食べないようにしたほうがよいでしょうね。
みんながつまめる餃子も居酒屋メニューの定番です。

 

糖質摂取量からみた餃子はどうでしょうか?
餃子は避けたほうが無難です。
というのも、餃子の皮には小麦粉が多く使われています。

 

なんと、100グラム中に糖質が20グラム以上も含まれているのです。
薄い皮をパリパリに焼いた餃子でも小麦粉を使った皮が含まているので同じです。

 

もっとも良いのは、餃子の皮を残して中身だけを食べることですが、それもあまり美しくありません。
居酒屋メニューで太らないようにするには、餃子はオーダーしないほうがよいでしょう。

 

唐揚げにも衣に小麦を使っていますが、餃子の皮と違って少量のため糖質を気にするほどではありません。
餃子をオーダーするなら唐揚げをオーダーするようにしましょう。

 

 

お刺身、寿司、餃子、唐揚げなどは太らない?関連ページ

糖質に気をつけて太らない居酒屋メニューを選んでみる。
糖質に気をつけて太らない居酒屋メニューを選んでみる。
鍋、焼き鳥、揚げ物はオーダーしても大丈夫?
鍋、焼き鳥、揚げ物はオーダーしても大丈夫?
ソーセージ・乾き物・おでんは食べても問題なし?は太らない?
ソーセージ・乾き物・おでんは食べても問題なし?は太らない?
キムチやデザート、締めのごはんの糖質は大丈夫?
キムチやデザート、締めのごはんの糖質は大丈夫?