メインは動物性たんぱく質を

メインは動物性たんぱく質を

居酒屋のメニューには肉や魚料理などを中心に高カロリーなメニューが多く、ダイエット中の人は避ける傾向があります。しかし、ダイエットに必要なのは栄養バランスの良い食事です。

 

カロリー制限を意識するあまり、筋肉を作るのに必要な肉や魚などの動物性たんぱく質を排除してしまっては、筋肉を減少させてしまい、結果として基礎代謝は下がり、停滞期に陥ってしまうどころか、痩せにくい体質になります。ダイエットを成功させるためには、植物性たんぱく質だけではなく動物性たんぱく質が必要不可欠で、個人差はありますが、1日に必要な摂取量は、男性が120g程度、女性は100g程度と言われています。

 

つき合いでどうしても居酒屋に行かなければならない事もありますが、居酒屋は上手く利用すればダイエット中の食事として最適な場とも言えます。居酒屋は品揃えがとても豊富で、品数を多く注文し、少しずつ仲間と取り分けることの多いため、自然と多くの栄養素を摂取できる場でもあります。

 

また、朝食と昼食で控えれば、居酒屋で肉や魚料理をメインに存分に楽しむことができ、その日に必要な動物性たんぱく質を摂取することが出来ます。メイン料理の前には、食物繊維豊富なサラダや豆腐料理などを食べ、肉や魚料理は、お刺身、塩味の焼き鳥、焼き魚などの和食を中心に、揚げ物より焼き物、煮物より蒸し物を選ぶこと、なるべく素材に近い調理方法のメニューを選ぶことによって過剰なカロリー摂取を防ぐことが出来ます。

 

 

メインは動物性たんぱく質を関連ページ

大豆や植物性食品、海藻も一緒に
大豆や植物性食品、海藻も一緒に
お肉は脂肪の少ないヒレ肉を
お肉は脂肪の少ないヒレ肉を
焼鳥は脂の少ない部分を塩で
焼鳥は脂の少ない部分を塩で
魚は白身魚やイカ。タコ。貝類を
魚は白身魚やイカ。タコ。貝類を
〆にラーメンはNG
〆にラーメンはNG
シーザーサラダは高カロリー
シーザーサラダは高カロリー
つくねは高カロリー
つくねは高カロリー